えりかの韓国ドラマ変遷~ヒマなので【全部】振り返る~ Pt.1

すきまま中の人
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、えりかです(-ω-)/

 

3年?4年ほど前から韓流ドラマを見始め、見始めた瞬間からオタクをやっているのですが、

このたび自分が見たドラマを全部振り返るという企画をしてみようと思います。

 

全部です。

 

なぜって

 

ヒマだから。

 

オススメドラマを選ぶのもいいんですが、

それはこの前ゆりがやってくれたので、

 

 

 

とりあえず、だらだらと自分の大して長くない韓国ドラマ遍歴を振り返ります。

そして順番も実は大して覚えていないという悲惨な状況ですが、

皆様もダラダラと付き合っていただけたら幸いです。

 

ではスタート!

 

 

そもそも、筆者は親がDVDセットまで買った「冬のソナタ」は1ミリも見ていません。

ミーハー断固反対主義だったので、

時代の流れになんてのってやるものかと意地を張っていたわけです。

 

韓流のはの字もなかった人生ですが、

大学1年生になり、メイクにハマり、というほどでもないけども、

Mery?という情報アプリをずーーーーっと見ていた時期がありました。

そこで、やたらと広告の写真にイケメンがいるんです。

 

 

こちらです。

そうです、全ての元凶、

チ・チャンウクさんです。

 

まぁ広告なのでスルーしていたのですが、

そんなある日、

たまたま十年越しに冬ソナにハマっていたゆりから、

 

韓国ドラマ一緒に見ない?

「興味ない。」

冬ソナじゃなくて、最近の、「ヒーラー」ってやつなんだけど

(…どこかで聞いたことあるぞ)

これ

 

 

 

 

見ましょう。」

 

 

運命でしょうか。やらせでしょうか。

ということで、見てしまった人生初韓国ドラマ。

 

ヒーラー~最高の恋人~

 

 

まぁ面白い。

かっこいい。

かわいい。

 

 

この、可愛いというのが多分泥沼の入り口でした。

チ・チャンウクがかっこいいという理由で見始めたのは事実ですが、

完全に、

 

パク・ミニョンにハマりました。

 

この手袋、買いましたもん。

 

このブーツも探しましたもん。

 

「これで私もパク・ミニョン」とかわけわからないことを言いながら、

アニョハセヨも知らなかった筆者がパク・ミニョンのインスタをフォローしたら

何言ってるかわからないから韓国語の勉強も始めました。

 

恐るべしパク・ミニョン。

 

今でも絶対的女神として君臨しています。

 

 

でもこの時は、本当にハングル一文字も読めませんでした。

なんなら大学の第二外国語は中国語だったので、

チ・チャンウクがでてる中国の番組のクリップをひたすら見続けて文字起こしして

ずっと勉強してました。中国語。

 

 

でも本当に面白くて、かっこよくて、可愛くて、

何?韓国ドラマってこんなに面白いわけ?

って感動しまくったわけです。

 

じゃあ、次、いってみよう

 

ということで、

 

オレのこと好きでしょ

 

これは、Nさんの友達が、ヒーラーにハマったなら、これも見れば?

ということでオススメしてくれて、観ました。

 

 

もともと青春をグリーとハイスクールミュージカルに捧げた人間なので、

音楽が題材で、それも劇中歌盛りだくさんとなれば、

とてもとても楽しみでみたわけです。

 

 

いやまぁ、普通に面白いんですよ。

ただ、ヒーラーにがっつりハマっていた筆者からすると、

ヒーラーは、恋敵なんてまずなかったので、生きるか死ぬかというところなので、

 

 

なんとまぁ面倒くさい恋愛でしょうか。

とぶーぶー文句言いながら、キュンとしたりもしながら楽しんで見てました。

 

 

このヨンファさんの顔が何とも言えないのです。

何とも言えない、親近感

いえ、全くもって親近感を持っていいような顔ではないのかもしれませんが、

このドラマ、

 

絶妙にかっこよく、絶妙にダサい。
※個人の意見です。

 

でもそのおかげで、ジョン・ヨンファという人が、なんだかんだ好きになったわけです。

チ・チャンウクはかっこよくて憧れで、

ジョン・ヨンファはなんとなく好き。

 

この違い、お分かりでしょうか…??

 

 

そうです、Kpop沼の始まりです。

 

「イケメンですね」「オレのこと好きでしょ」で日本国内の韓流ファンの皆様から絶大な認知を誇る

ヨンファ率いるCNBLUEのコンサート映像が、WOWOWでやっていたので、

もうそれはそれは好奇心だけで見たんです。

 

かっこよすぎ

 

でした。

 

 

あのヨンファはどこへ行ってしまったのかと心配になるくらいかっこよくて、

MCが全部日本語だったのが感動するくらい嬉しくて、

もうがっつりハマりました。

 

 

いったい何の話をしてるのでしょうか。

全然ドラマと関係ありません。

 

でもCNBLUEはとにかくライブがかっこよくてかっこよくてかっこいいです。

今からでも遅くないと筆者は信じているので、

是非見てみてください。

 

CNBLUEの宣伝が終わったところで、

次のドラマに行きましょう。

 

恋愛じゃなくて結婚

 

次から次へと新しい俳優さんです。

俳優さん一人も知らないし、

ゲオでDVDを借りていた時代なので、タイトルと写真だけで選んでました。

 

 

こういう雰囲気好きなんです。

ハッピーコメディ感溢れてるじゃないですか。

もう絶対ハッピーエンドしかないって確信を持てないと筆者は見たくないんです。

 

 

思った通り、1話から爆笑でした。

色々思うことはあって、必死に生きているシーンも沢山ありました。

途中の「ジャンミ~?」に耐えられれば乗り切れます。これはホントです。

筆者は一度だけ鼻をかんだティッシュをテレビに向かって投げました。一度だけです。

 

基本的には本当に面白いです。

書いてる今もちょっと見直したくなってきたくらいには面白かったです。

 

そして運命の出会い。

 

 

ヨン・ウジン様、片目一重です。

この事実に気づいたとき、私は長年のコンプレックスを克服したんです。

プチ整形でもしようかと本気で思っていた左目一重を受け入れました。

なんならもう好きになってしまいました。

 

実際ヨン・ウジンの目がどうかは重要ではなく、

そう見えたあのシーンで私の人生が変わったということです。

 

 

…あまりにどうでもいい話なのでここで終わりにしょう()

 

ということで、もう見れば見るほど面白くなってきました、韓国ドラマ。

 

続いては、

 

となりの美男<イケメン>

 

オレのこと好きでしょですっかりパク・シネのファンになったゆりのオススメで観たドラマです。

記憶が確かではないですが何だかセコい方法でいた気がします。

OSTが流れると全部音声がカットされて、横でずっと風船が飛んでいた記憶があります。

良くないですね。見なおさなきゃですね。

 

 

パク・シネがあまり笑わなかったのが残念ですが、

ユン・シユンが個人的に好きすぎました。

 

あとでヒョンシク推しBTOBオタクになったんだから間違いありません。

 

思いっきり笑う人が好きです。

 

 

突然の告白失礼しました。

まだBTOBとの出会いは先なので、

ユン・シユンの明るい笑顔にすっかり幸せになったところで、

ユン・シユンといえば、な次のドラマです。

 

製パン王キム・タック

 

あぁ重い

ほんとに重い

まじ重い

 

こんなに救われないドラマがあったでしょうか。

いや、救われたんだったか救われてないんだったか、記憶は定かではありません。

相当の体力を持っていかれました。

 

 

韓国でも驚異の視聴率を誇ったらしいユン・シユン代表作。

ユン・シユンのファンを名乗りたいがためだけに重度のハッピーエンド主義者の筆者は頑張りました。

泣くわ泣くわで全然笑うタイミングないのに、

ユン・シユンだけいつも明るい笑顔なんです。

それにまた泣くわけです。

ですが、

視聴率に納得いくくらいには必死になって見切ったので、

まだ見てない方はぜひ見てみても良いと思います。

そして見終わった後2、3か月はパンしか食べたくないくらいパンが美味しそうです。

 

見終わった後に、ビハインドのこの2人の笑顔を見て筆者は安心して泣きました←

 

 

そんな中、

普段あまり見ない重めのキム・タックにボロボロ泣きながら、

同時期に筆者はハマり始めた女優さんがいたんです。

 

 

キム・ソヒョンちゃん

 

一体いつごろからハマり出したのか全く記憶にないのがなんとも恋ですが、

なんとなんと子役として製パン王キム・タックにも出ていました。

 

 

そもそもわかりやすいハッピーエンドが大好きな筆者ですので、

製パン王キム・タックで奪われたHPを回復する必要があります。

ここらで一度かる~く見られる眼福なドラマをということで、

 

キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~

 

キム・ソヒョン×テギョン

 

という、個人的にいつまでも顔を拝んでいられる二人のドラマを見たわけです。

 

 

結果、

幽霊は若干怖かったですが、

胸キュンだし、

キム・ソヒョンは可愛いしテギョンはかっこいいしで終始楽しかったです。

悪霊怖いけど。

 

そしてそのまま、キム・ソヒョン推しを名乗るために頑張り始めた筆者、

ある動画に出会います。

 

 

この動画こそ、

現在すきまま内で唯一単独カテゴリーを獲得しているBTOBのユク・ソンジェ氏が出ている動画なのです。

ついにここでBTOBとの運命の出会いです。

が、

筆者、まさかの、

 

 

ソ・イングクの弟さんなんだな~

 

という盛大な勘違いでスルー。

カメラワークにまんまと乗せられました(笑)

似ているので有名だったとは←

 

盛大な勘違いをしたまま、この曲を歌うキム・ソヒョンがあまりに可愛いすぎるので

永遠リピートしてたら、

やはり見るしかないですよね。

 

恋するジェネレーション

 

しかしこの流れでこのドラマにたどり着くと、

もう一つ筆者は盛大な勘違いをしていることになります。

 

このドラマ、

 

キム・ソヒョン×ナム・ジュヒョク×ユク・ソンジェ

 

です。

 

キム・ソヒョン×ナム・ジュヒョク×ユク・ソンジェ

 

なんです。

わかりますかね。

 

これってつまり、

 

キム・ソヒョン×ユク・ソンジェ×ナム・ジュヒョク

 

だと思っていた筆者にとって、

 

ハッピーエンドではない

 

というまさかの学園ドラマ。

 

 

でもキム・ソヒョンちゃん可愛かったしかっこよかったのでまぁ許します。

そしてこのドラマのユク・ソンジェは最高でした。

 

 

 


 

はぁ、まだまだまだまだですが、

一旦この辺で休憩しましょう(ナゼ)

年が明けるまでには書き終わることでしょう。

「ヒマなので」という記事理由が全く成立していませんが、

このまま1万字も2万字も書かれたら皆さんも疲れてしまうに違いありません。

 

まだ上辺さらった感すごすぎですが、見たことないドラマがあれば、

ぜひ見てみてください!

 

では(^^)/

 

 

↓続きあるなら読んでやってもいいよって方♡

 

17+
すきままTwitter
最新記事情報をお届け!@sukimamalife のフォローもぜひお願いします♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すきまま中の人
最新記事情報をお届け!@sukimamalife のフォローもぜひお願いします♪
すきまま

コメント