AKMUの3rdアルバム、항해 / SAILING が最強すぎるので魅力を勝手に語る回。




 
こんにちは、ゆりです^ ^
 
今回は、超「おかえり!」な韓国最強兄妹デュオ、

AKMU (楽童ミュージシャン)

の最新アルバム、

항해 / SAILING

の話です!!
 
前からAKMUが好きで、チャニョク氏が兵役から帰ってくるのを楽しみにまってたのですが、
帰ってきてすぐ!こんなにもすぐに!
カムバックしてくれるとは!!
 
しかも!
 
10曲のフルアルバム。

 
そして、相も変わらず、
 
作詞作曲、全曲イ・チャニョク氏。
 
さすがは最強兄。

 
そして、編曲者が超豪華。
 
その豪華な編曲者の中に、イ・スヒョンの名前が。
 
ついに、妹も才能発揮。
いや、スヒョンはもともとの美しすぎる歌声にさらに磨きがかかってそれだけで最高だというのに、
もう最強すぎますね。

 
 
そして、チャートはもちろん1位
 
どこをとっても最強&天才なのに、このかわいさ。

 
さすがとしか言えないほど、
全てにおいて超かっこよくなったAKMUのカムバックアルバムなわけです。


 
というわけで、
今回はAKMUのアルバム「항해/SAILING」の魅力をひたすら語る、アルバム全曲紹介です!
 
「え〜一気にそんな全部聞けないよ〜」って思ったあなたのために、
各曲のいいとこ取りした動画をAKMUが上げてくれてるので、そちらを先にのぞいてくださいませ。


カムバック前に、AKMUがYouTubeであげてくれた、それぞれの曲がどんな曲かを教えてくれるムードガイドの動画もせっかくなので参考にしながら、
全曲の魅力を勝手に語っていきたいと思います♬
 
[YouTube動画はこちら]

では、スタート!

1. 뱃노래 / Chantey


このアルバムの世界観をいっぱいに詰め込んだ、
切なくて冷たいのに、美しい「船歌」

AKMUのMood Guideの動画にもありますが、この冷たさや憂鬱さのなかに、優雅な美しさがあるからかっこいい。
さすがAKMUな一曲です。

日本語和訳歌詞はこちら→

2. 물 만난 물고기 / Fish In the Water


明るく楽しいテンポに、ちょっぴり考えさせられるような胸に響く歌詞が魅力的な一曲。
 
歌詞にある、

우리가 노래하듯이
僕らが歌うみたいに
우리가 말하듯이
僕らが話すみたいに
우리가 헤엄치듯이 살길
僕らが泳ぐみたいに 生きていく
LIVE LIKE THE WAY WE SING
僕らが歌うみたいに生きるんだ

という言葉は、このアルバムの合言葉になっていたそうで、
「僕らの歌のように生きていく」というAKMUの強さがつまったかっこいい曲です!

でも、ただただ「自分らしく生きよう!」みたいな歌詞じゃなくて、
海と対話するような、ちょっと詩的な歌詞なところもさすがチャニョク氏感がすごくて、お気に入りです^ ^
ぜひ歌詞も見ながら聴いてくださいね!!

日本語和訳歌詞はこちら→

3. 어떻게 이별까지 사랑하겠어, 널 사랑하는 거지 / How can I love the heartbreak, you’re the one I love


今回のアルバムのタイトル曲。

タイトル長すぎですが(笑)、直訳すると、

「どうして別れまで愛せるんだろう、君を愛してるってことだね」

という意味の別れの曲。

別れの曲ですが、美しくって切ない愛に溢れてる素敵な曲です。
イ・チャニョクが入隊前にこれを書いていったそうですが、イ・チャニョクの元カノ(?)さんはとっても愛されてたみたいですね💙

個人的には、

어떻게 내가 어떻게 너를
どうして僕が どうやって君を
이후에 우리 바다처럼 깊은 사랑이
これから先僕らの海のように深い愛が
다 마를 때까지 기다리는 게
全部渇れてしまうまで待つことが
이별일 텐데
別れのはずなのに

という最後の歌詞がとっても心に残って素敵だな〜と思います。
 
切ない歌詞も、メロディーも、美しいMVまで、全部が素敵な一曲です!

日本語和訳歌詞はこちら→

4. 달 / Moon


秋の夜にゆっくり聞きたいギターの素敵なバラード曲。
別れた後の切ない思いを歌った曲ですが、寂しすぎず悲しすぎず、「ちょっぴり寂しい」秋にぴったりの一曲だと思います。
暖かさが感じられるメロディーから詰まった愛の感じられる素敵な歌です。


日本語和訳歌詞はこちら→

5. FREEDOM


「自由に生きたい」という思いをいっぱいに詰め込んだ、応援ソングのような、
宣言ソングのような、前向きになれる曲。
 
ムードガイドにある「変だけどかっこいい」という表現がぴったりだな、と思います。
メロディーはおしゃれだけど、歌詞に強い思いが詰まってて、
でも綺麗な声に美しさがあって、
その絶妙なアンバランスさがとっても魅力的な曲です!
そして、歌詞の最後の方に「投票」とか「表現」とかそんなことまで突っ込んでくるのが、AKMUらしくて好きです^ ^


日本語歌詞和訳はこちら→

6. 더 사랑해줄걸 / Should’ve Loved You More


「もっと愛してあげればよかった」という後悔をひたすら叫び続ける、超未練たっぷりな
『かっこ悪い』曲。
ムードガイドで、本人たちが「찌질함 (かっこ悪い、ださい)」という枠をわざわざ新しく作って、しかもそれしか選ばないという暴挙にでるほどカッコ悪くて情けない歌詞と、
テンポが良くて明るさを感じるようなメロディーとのギャップがまた魅力的な一曲です!
聞いてても、そんなに切なくならない感じがとてもお気に入りです^ ^

日本語和訳歌詞はこちら→

7. 고래 / Whale


ずばり、「くじら」のために書いた曲🐳

くじらに語りかけるように、そのかっこよさを誉め続けるというAKMU感全開の歌です。
海兵隊にいるときに、書いたんですかね笑

歌詞はひたすらくじらについて歌ってるのに、びっくりするほどかっこいいギターのメロディと口笛、バイオリンまで巻き込んだ後半の壮大な盛り上がりがめちゃくちゃかっこいい曲です。
これを聴くと、くじらがかっこよく思えてきます🐋

日本語歌詞和訳はこちら→

8. 밤 끝없는 밤 / Endless Dream, Good Night


夜の夢にどっぷり浸かる、暖かさを感じる曲。
寝る前にも聴きたいし、朝日を浴びながら聴きたいような気もするそんな曲です。
このアルバムでは珍しく、
「天気がいい日に聴きたい」曲ですね(笑)
適度な暖かさと、ゆる〜いメロディ、暖かい歌詞がばっちり揃った素敵な一曲です!

日本語和訳歌詞はこちら→

 9. 작별 인사 / Farewell


「別れの挨拶」の曲。
別れの寂しさ、物悲しさに、思い出の暖かさを感じるとても素敵な一曲。

妹イ・スヒョンが気に入りすぎて直接編曲を担当した曲だそうです。
夕陽の暖かさを感じながら、その「風景が浮かぶ」曲だと思います。
 
歌詞もとても素敵なのでぜひ全部読みながら聴いてほしい曲ですが、
個人的なお気に入りは、最後の

정든 찻잔도 물기 배인 마루도
よく使ったマグカップも 水気が染み込んだ床も
의미를 알기 전에 바꾸지 말아요
意味を知る前に変えないで
내 마음에도
私の心にも
같은 것들을 남긴 것처럼
同じものが残っているみたいに

という部分。
古くなってしまったものをすぐに新しくするのではなく、
そこに詰まった歴史や思い出を思い返してあげたくなる、そんなメッセージが素敵だな、と思います^ ^


日本語歌詞和訳はこちら→

10. 시간을 갖자 / Let’s Take Time


最後の一曲は、タイトルを直訳すると「距離を置こう」という意味の一曲。

こちらも「かっこ悪い」曲に認定されてますが(笑)、
「もっと離れてしまう前に、一度距離を置いてみよう」
という恋人ふたりの思いを歌った曲です。

別れ切れない感じがかっこ悪いですが、でも「まだ別れたくない」という思いに愛を感じられる曲だな、と思います。

歌詞の割にかなりテンポ良く、明るい雰囲気で仕上がっているのもお気に入りな一曲。
個人的にはぜひ!歌詞を見ながら聴いてほしい一曲です!


日本語歌詞和訳はこちら→


以上、
AKMUの最新アルバム、 항해 / SAILING の全曲紹介
でした♬
 

妹のイ・スヒョンが、

「今回のアルバムは兄イ・チャニョクのTRUE LOVEの経験が詰まった新しいAKMU」

と前にどこかで言っていましたが、
この大人びた切なさや思い、愛が詰まった素敵なアルバムを送り出してくれたイ・チャニョク氏とその元カノさんに感謝しつつ、
夏にはもっと明るい(切なくない!笑)恋愛ソングを期待しております♬
 

 
「今までの「かわいい」AKMUの雰囲気や世界観を壊したかった」
というふたりの言葉の通り、
「かわいさ」よりも「大人っぽさ」を感じられるアルバムだと思います!
 
でもその中にも、歌詞の言葉選びだったり、結局くじらの歌を書いてたり、
今までのAKMUらしさや世界観が垣間見れて、
とても楽しいアルバムでした^ ^
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではでは^ ^

 
※記事内の写真はすべて他サイトから集めてきたものです。

🐟 AKMUの記事をもうちょっと覗く🐟

0




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です