AKMUの絶対に聴いてほしい、おすすめバラード5選 Part.2!




こんにちは、ゆりです^ ^

今回は、単独登場は割とお久しぶりなAKMU。

AKMUのおすすめバラード曲!という記事をだいぶ前に書いたんですが、

気がついたらもう3年前。

まだAKMUの最強アルバム「SAILING」が発売される前です。

というわけで、これは更新しなきゃいけないでしょ!!

てなわけで、3年越しの「AKMU おすすめバラード Part.2」を5曲集めてきました!!

どれも名曲なので、ぜひぜひ最後まで聴いていってくださいね♬

1. 어떻게 이별까지 사랑하겠어, 널 사랑하는거지 / How can I love the heartbreak, you’re the one I love

1曲目はもちろんこの曲。

AKMU最大のヒット曲、略称オサノルサです。

直訳すると「どうして別れまで愛するんだろう、君を愛してるってことだね」って感じです。

君を愛してるから、君との別れまでも愛してしまうってことです。

本当に大好きだった愛が伝わってくる、美しすぎる失恋ソングだと思います。。。

曲の最後の歌詞、

이후에 우리 바다처럼 깊은 사랑이
これから先僕らの海のように深い愛が
다 마를 때까지 기다리는 게
全部渇れてしまうまで待つことが
이별일 텐데
別れのはずなのに

まだ愛してるのに、別れてしまった寂しさや切なさを見事に表現していて、

本当に素敵な歌詞だな、と思います。

2. 달 / Moon

大きな月に思いを馳せながら、大切な「君」を恋しがる、優しくも切ない曲です。

寂しい夜のお供にしてほしい1曲。

シンプルなギターのメロディーと一緒に進んでいく曲ですが、

とにかく歌詞が素敵で、

자막 없이 밤하늘 보고
字幕なしで夜空を見て

번역 없는 바람 소릴 듣지
翻訳のない風の音を聞くんだ

샤워하고 걸쳐 두른 네 향기
シャワーを浴びて 羽織って巻いた君の香り

난 오늘도 달에 밤 인사를 건네
僕は今日も月に夜の挨拶をして

などなど、詩的なのに景色がぱっと浮かぶような、

素敵な言葉たちに出会える曲だと思います!

3. 시간과 낙엽 / Time and Fallen Leaves

秋になったら絶対に聴きたくなる名曲。

AKMUは韓国語と英語をうまく混ぜ合わせた面白い歌詞が人気でもあるんですけど、

この曲は歌詞に英語が一言もなく、全て韓国語、というのも魅力の1曲。

過ぎ去った時間の、おぼろげな記憶を優しく歌いながら、

恋しい気持ちで胸が詰まる、そんな曲です。

歌い出しから、歌詞に何度も出てくる

맨발로 기억을 거닐다
裸足で記憶をぶらつくの

という言葉が本当に詩的で素敵な表現ですよね💙

4. Stupid Love Song

AKMU初のコラボアルバム、「NEXT EPISODE」収録曲で、

Crushとコラボした一曲。

떠올릴 생각도 없던 기억은
思い出すつもりもなかった記憶は

이제 함성을 만들고
今では叫び声を作り出して

비밀 같았던 나의 아픔을
秘密だと思ってた 私の苦しみを

이젠 모두가 부르네
今ではみんなが歌うの

という歌詞で始まる曲ですが、

恋しい気持ちや苦しい想いを必死に込めて作った曲も、
今となってはみんなが知っていて、
もう君がいない「バカなラブソング」になってるんだ

という曲です。

ただ、そんなに後ろ向きな曲ではなくて、

「だからお互い、自分の人生を生きていこうね」というような、

何となく明るくはないけど、でも前向きな雰囲気で進む歌詞が好きです💙

5. 작별인사 / Farewell

最後の一曲は、「別れの挨拶」というタイトルの一曲。

妹イ・スヒョンがこの曲に惚れ込んで、初編曲を担当した曲でもあります。

これは「恋人との別れ」みたいな失恋ソングではなくて、

生きていれば誰にでも訪れる、いろんな『別れ』に対する挨拶なんです。

정든 찻잔도 색이 바랜 벽지도
よく使ったマグカップも 色が褪せた壁紙も

흔적이 힘들어서 바꾸지 말아요
傷跡がひどいからって変えないで

내 마음에도
私の心にも

같은 것들을 남긴 것처럼
同じものが残っているみたいに

という歌詞にもあるような、

古くなってしまったものをすぐに新しくするのではなく、

そこに詰まった歴史や思い出を思い返してあげたくなる、そんなメッセージが素敵な曲です💙


以上、

AKMUの絶対に聴いてほしいおすすめバラード曲5選!Part. 2

でした〜!

兄イ・チャニョクが除隊してから、今までの可愛らしいAKMUから

すっかりアーティストとしてかっこよくなったAKMU。

これからの活動にも超期待して、

日本から応援していきたいと思います♬♬

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではでは^ ^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。