SMとユニセフのプロジェクト、This is Your Day (for every child, UNICEF)の魅力を一から全部語り尽くしたい。




 
こんにちは、ゆりです^ ^
 
今回は、11月20日に発表された、
This is Your Day (for every child, UNICEF)

 
の話です。
 
この曲は、SMのSTATION企画第4弾の1曲目、「STATION X 4 LOVEs for Winter Part 1」として発表されたチャリティーソングです。
この曲に詰まった話がとっても素敵だったので、ぜひみなさんにも知って欲しい!ということで
この記事を書いてみました^ ^
 
聴くだけでもとっても素敵な曲ですが、、その後ろにあるストーリーも知れば、もっともっと好きになれると思うので、ぜひのぞいていってくださいね!
 

 

SMile for U の話。

 
そもそもこの曲はなんなのかというと、
これはSMとUNICEFが共同で行っているSMile for U プロジェクトの一環としてのチャリティーソングなんです。
 
SMile for U といえば、
2015年の寄付キャンペーンや、ジョン・レノンのImagineをカバーした‘Imagine Project’
SMの社会貢献ブランドのSMileから発売されている「SMile for U ブレスレット」を知っている方もいるかもしれません。



SMile for U プロジェクトとして発表されたこの曲ですが、
今年が国連児童権利条約30周年記念であることもあり、世界子どもの日である11月20日(児童権利宣言と子どもの権利条約が国連で採択された日)にリリースされることになった記念曲なんです。
 
もちろんチャリティーソングなので、This is Your Day (for every child, UNICEF)の収益金は、ベトナムの子どもたちや青少年の音楽教育支援事業に使われるそうです。
 

Super Junior シウォンの話。


今回のチャリティーソングの発案者はSuper Junior のシウォン

シウォンは、2010年頃からユニセフを通して児童の権利のためにいろいろな活動や支援をしていて、
2015年にはユニセフ韓国委員会特別代表に任命されていたり、
ユニセフの式典などで英語で児童の権利を守ることの必要性を話してくれたりと、すごく精力的に活動している人なんです。

そんなこともあり、2019年11月11日にUnicefの東アジア太平洋地域の親善大使に韓国アーティストとして初めて任命されました。

任命されてからもすぐに現地を訪問したり色々な支援活動をしていましたが、その中のひとつとしてシウォンが自ら発案したのがこのチャリティーソングなわけです。
 
アーティストが自ら発案してチャリティーソングを出すっていうのが、ほんとに素敵ですよね^ ^
 

参加アーティストの話。

このThis is Your Day に参加しているSMのメンバーは、
歌登場順に、
シウォン(Super Junior)、BOA、スホ(EXO)、J-Min、テミン(SHINee)、サニー(少女時代)、ウェンディ(Red Velvet)、ドヨン(NCT)
の8人。

 
BOAは言わずとしれたSMの最強アーティスト&クリエイティブディレクター(&取締役)ですが、
ユニセフとのコラボは今回が初めてではなくて、2016年にルイ・ヴィトンとユニセフの共同キャンペーン#MAKEAPROMISEのチャリティーグラビアに参加したこともあります。

韓国だけでなく、日本のユニセフ協会が2009年に行った、チャリティ着うた配信にも参加してくれていました。
 
スホは最近だと5月に’FOR EVERY CHILD, HOPE’として、ユニセフのHope RingのCMに参加していたりしますが、EXOは結構前からユニセフの活動には積極的に支援しているグループな印象がありますよね^ ^
2015年の寄付キャペーンのときも率先して参加していたのがスホやEXOのチャニョルだったし、2016年のルイ・ヴィトンとユニセフのプロジェクトにもスホは参加してました^ ^

This is Your Day (for every child, UNICEF) 歌の話

ここまでこの曲ができるまでと、この曲に関わった人の話を書いてきましたが(長過ぎですねすいません)
ついに曲の話です(笑)

MVはそれぞれのアーティストの収録映像とともに、ユニセフの活動の様子や子どもたちの笑顔の写真が一緒にでてくるとても素敵な映像になってます。
これをみるだけで、もっと素敵な世界をみんなで作りたくなる、そんな愛の詰まった動画だと思います💛
 

 
この曲はメロディーもとても素敵ですが、個人的にやっぱり一番好きなのは歌詞ですね。
ほんとに全ての歌詞に愛が詰まってて、暖かくて素敵なんですが、
個人的に好きなところを2カ所。
一つ目は、やっぱりサビの、

This is your day
今日は君のための日だから
넌 마음껏 행복해
君は心いっぱいに幸せになって
더 웃고 울고 배우고
もっと笑って泣いて学んで
이 세상에 등불이 돼주렴
この世界の明かりになってね

というところ。

心いっぱいに幸せになって、笑って泣いて学ぶというところが、ほんとに素敵だなと思います。

みんな幸せになる権利があるし、泣いてもいいし笑ってもいいし、
どこに住んでいても同じように勉強したり生活から学んだりするのは平等の権利のはずなんです。

当たり前であるべきことを当たり前にできる素晴らしさを感じる、素敵な歌詞だと思います。
 

 
ふたつ目は、一番の歌詞から

널 소중하게 지켜줘야 돼 우린
君を大切に守らなきゃって私たちは
너무도 잘 알고 있는데
すごくちゃんとわかってるのに
 
마주한 어둠 속에 눈을 감으면
向き合った暗闇の中で目を閉じると
단 한 걸음도 더 나아가지 못해
たったの一歩も進めないんだ

の部分です。

チャリティーって、誰にでもできるはずなんですよね。
正直、突然100万円寄付しろって言われたら無理ですが、そうじゃなくて、数100円でもいいはずなんです。

毎月500円なら、ペットボトル数本、お昼1回ぐらい我慢すればいくらでもできることなんですよね。
それが頭でわかっていても、そういう小さな一歩が大事なのがわかっていても、
どうしても踏み出せないというのも事実だと思うんです。
 
その「私たち」の「わかってるけどなぜか踏み出せない」部分が歌詞に入っているのが個人的にすごく好きです。

この歌詞のおかげで、ただ綺麗事で終わってしまうチャリティーソングじゃない気がするんです。

そして2番に、

바꿀 힘이 우리에겐 있잖아
変える力が僕らにはあるじゃない

지금이 시작해야 될 때
今始めなきゃいけないときなんだ

という歌詞があるのも、前に踏み出していける感じがして素敵だな、と思います。
ほんとにほんとに歌詞が素敵なので、ぜひ曲を聴く時に歌詞も一緒に読みながら聴くともっとこの歌が好きになれると思います!!


 


以上、
SMとユニセフのプロジェクト、This is Your Day (for every child, UNICEF)の魅力を一から全部語り尽くしたい。
でした!
 
書き始めたら、どれだけこの人たちがユニセフや支援活動に一生懸命関わってるのかをどんどん伝えたくなって、
気づいたら4000字超えました。ほんと、自分が一番びっくりです。

でもほんとに、これだけファンがいて、人気があって影響力のある彼らがユニセフの活動をすることはすごくすごく意味があることだと思うんです。

日本よりもアーティストが積極的にボランティアやチャリティーに関わっている印象がある韓国ですが、こうやって会社がプロジェクトを立ち上げていくことでアーティストも参加しやすくなるし、
どんどん活動が広がっていけば、児童の権利の問題や、チャリティーということ自体がもっと身近なものになるんじゃないかな、と思います^ ^
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではでは^ ^
 
 
※記事内の写真はすべてYouTube、他サイトから集めてきたものです。

0




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です