BTOBの天才作曲家たちを紹介します。




 
 
こんにちは、えりかです(-ω-)/
 
今回は、BTOBの天才作曲家たちを紹介します!!
 
天才作曲家といえばヒョンシク先輩、
というイメージが強いのは私だけかもしれない気もしなくもないですが、
 
BTOBは作曲ドルをなんと、3人も抱え、
最近のアルバムは、ほぼまず全ての曲でメンバーが作詞作曲(なんなら編曲)に関わっています。
 
※ラップ詞書きまくるプニエルと、時々とんでもなくいい曲を送り出すチャンソプは、
「作詞」ということでいったんはずしてます。



 
…というかそう考えるとBTOBって最強ですね。
 
 
そんなBTOBお抱え天才作曲家たち(というかメンバー)の曲について、
個人的に好きなところをまとめました!!
 
ではスタート!
 
 

ヒョンシク

 
言わずと知れた天才さん。

作曲といえばこの人。

BTOBをバラード王者にのし上げたクリウォハダ作曲家


 
ヒョンシク先輩の曲は、


ピアノ中心のバラードが多いです。
 
あとは大抵失恋してます。


 
言葉の選び方がアイドルより完全にアーティストって感じですよね。

詩的な歌詞にバラードの雰囲気がぴったりなんです。
 


ロマンチストだと自分で言うだけあって、

かわいいラブソングがあるのもなんだかヒョンシクらしい気がします。(笑)
 

でも、最近はやっぱりわりと失恋してます。

元気出してほしいところです(ダレ)

あと、特にソロ曲では、

他のアイドルにはない曲の世界観やリズム感で

HIP HOP以外の洋楽好きなところがわかるのも面白いです。

(マイケル・ブーブレとか、ジョン・メイヤーとか、ハリー・コニックJr.とか…)

イルフン 


イルフンはもともとラッパーでの楽曲参加数的にはBTOB随一でしたが、

「作曲」という面でもとにかくすごい男です。

ヒョナヌナだけど何?ってね


 
作曲数はBTOB内1番。

ヒョンシクと比べると、テンポがよくて、かっこいい曲のイメージです。

ノリのいい曲が多いです。


ただ、やっぱりTHE アイドルという曲ではなく、

イルフンらしい「かっこよさ」満載だと思います。

失恋したら、寂しい気持ちを隠して強がるイメージ。

(決して悪意はございません←)


 

ただ、時々ふいに現れるバラードチックな優しい歌にやられます。

Alwaysといえば、事務所の後輩PENTAGONのジノとのコラボ曲ですが、

ちなみにイルフンがプロデュースしたPENTAGONのBeautifulという曲は、
これでもかというくらい素敵な曲なのでオススメです。


 ミンヒョク


メロディーさん達の中では当たり前ですが、

意外と世間に知らしめられてはいないのが、ミニョクの作曲能力


 
日本ソロアルバムだって、

韓国語詞をミニョクがかいて、それを日本語訳にしてもらってるんです。 
 
ミニョクの作る曲は、「温かい」という言葉がぴったりきそうな曲が多いです。



ラッパーもボーカルもいける彼らしく、

ラップ中心の曲もあればメロディー中心の曲もある、

とにかく幅広い人ですね。


 


そしてやはり、セクシー✖ジャジーなのはミニョクだけ。


 
なんなんですかねほんと。(笑)
ちなみに、ミンヒョクの韓国ソロアルバム、必聴です。神曲ずくめです。



 
 


ーーーーー


こんな感じで、才能あふれすぎなBTOBの作曲家たちの話でした!
楽しんでもらえてたら嬉しいです!
 
 
では(^^)/


 
※記事上の写真は全てネットで拾ったものです。
 
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です