個人的、BTOB日本語曲オススメ5!

BTOB
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

こんにちは、えりかです(-ω-)/

 

今回は、BTOBの日本発売曲の中から、

個人的オススメ5曲を紹介します!

 

普段は天才作曲家の皆さんが自分たちで曲を書くBTOBですが、

日本語の曲は日本語ver.以外は自分たちで書く曲ではないので、また違った発見があると思います。

 

ではスタート!

 

 

1. BRAND NEW DAYS

 

名曲그리워하다で一気にその名を轟かせた2017年の、

クリウォハダがでる直前の夏に日本で発売されたシングルです。

歌詞もメロディーもすっと入ってくるとっても素敵な曲です。

 

なんといっても作詞作曲多田慎也

多田さんがなんとBTOBの曲を作ってたなんて驚きです。

 

誰ですか?って思いました?

多田さんは、

作曲家デビューが嵐の「Still…」という脅威の作曲家さんです。

 

ちなみに知り合いではないです。

なれなれしく多田さんとか呼んじゃいましたごめんなさい。

 

 

2.L.U.V

 

MVの意味が深すぎてちょっと怖いかもしれない恋愛曲です。

 

MVの主演がヒョンシク氏という珍しさ。

実はこの曲、あの超大ヒット映画「君の名は。」に出てるの知ってましたか?

 

 

私はその頃BTOBを知りませんでした。

度々すみません。

 

BTSもTWICEも、BLACK PINKも出られなかった「君の名は。」に出演(背景)の我らがBTOBです。

 

曲の話に戻ると、っていうか曲の話はまだしてなかったですね(笑)

個人的には最初のミニョクのラップの

 

決められた運命は僕は信じない

ただ君を僕の運命にするだけ

 

っていうところが好きです。

ミニョクのパートなのも好きです。

 

3.夏色マイガール

 

日本のアイドルかな?っていう雰囲気のTHE アイドル曲

なちゅいろマイガール。

 

MVも物語仕立てになっていて、ずっとソンジェはふざけていて、

ファンになってから見れば楽しくてテンション上がる曲です。

 

「音楽」でみると、BTOBの韓国の曲とは雰囲気が全然違うので、

BTOBらしい、かどうかはわかりませんが、

この「アイドルらしさ」が、逆に韓国のファンには人気の曲らしいです。

韓国ででる曲はもっとアーティストよりなBTOBなので、

逆に新たな一面で良いのかもしれません。

 

 

じわじわくる曲です。

しゃちゅの砂をはらって走り出すちゅぎのきせちゅです。

 

ドはまり注意です。

 

4.Dear Bride

 

MVの主役はチャンソプ。

チャンソプが惚れて、叶わずに終わってしまうMVなのですが、

惚れ方に癖がありますよね。(笑)

 

そしてこの曲も最初のミニョクのラップが歌詞が良い。好き。

 

「純白の天使に送るブライダルソング」らしいですが、

どちらかというと失恋ソングというか、

失恋ソングだけど幸せを願っているというとても複雑な気持ちになる深い愛といったところでしょうか。

チャンソプのやるせなさが半端ないMVとなっています。

そして安定のウンさん、「あなたじゃない」

 

 

BTOBではこの曲だけ、一部のカラオケで本人映像で歌えます。

 

5.また会えるから

 

ウンさんが兵役に行くってなったあたりから急激に歌詞が突き刺さるようになった曲です。

「待っててね」っていう曲なのですが、

もちろん素敵なバラードですが、

 

 

プニエルの日本語が可愛い。

本当に可愛い。

 

 

そして歌詞が素敵。

ファンに向けての曲として聴ける、寂しくなったら寄り添ってくれるような曲です。

 

個人的には、

最後のヒョンシクの

「おかえり」

が好きです。息たっぷりです。気合入ってます。

 

 

 

ーーーーーーーーー

こんな感じで、BTOBの日本発売曲オススメ5でした!

日本の曲は日本の曲なりの良さがあって、BTOBのまた違った一面がみられる曲ばかりなので、

ぜひ聴いてみてください。

 

 

では(^^)/

 

 

※記事上の画像は全てスクショorネットで拾ったものです。

すきままTwitter
最新記事情報をお届け!@sukimamalife のフォローもぜひお願いします♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BTOB
最新記事情報をお届け!@sukimamalife のフォローもぜひお願いします♪
すきまま

コメント