ONEUSの楽曲を聴きながらBTOBを考える女の話を聞いてください【ONEUS聴きなよ!】




こんにちは、えりかです(-ω-)/

2022年の筆者的年間アーティストに選ばれそうな予感がぷんぷんしている、

「ONEUS」の話、してもいいですか。

「ウォノス」と読みます。

ちなみに、筆者的年間アーティスト2021年はN.Flyingでした。(聞いてない)

基準はAppleMusic再生回数ですが、BTOBは殿堂入りということで大目に見てください笑

ゆるしてちょ

いやもう、最近聴きすぎて、そろそろ皆さんに「ONEUS」について話したい。

聞いてほしい。

ただ、最近やっと名前もわかるようになってきた程度なので、

ONEUSガチ勢の皆様は、新規が浮き足立って騒いでる程度で温かい心で読んでくれたらと思います。

さて、

ONEUSとの出会いは、そもそも何きっかけか忘れたんですが()、

あの、かの、最強MAMAMOO姉さんの事務所の後輩という認知をしておりまして、

前にYouTubeでMcountdownみていてたまたま「쉽게 쓰여진 노래 (A Song Written Easily)」を見たことはあった程度、

ふーん、いい曲だなぁ程度でした。

「ウォノス」と読みます

その後、

すきまま推しのPENTAGONが出演していた「Road to Kingdom」にも出演していたので、YouTubeクリップとかで見ていたんですが、

「ウォノス」と読みm

この回です。伝説回とも言われてるかもしれないこのステージにどハマりしまして、

ほんとわけわからんくらいこの動画リピートしました。

このステージは、自分達の曲を歌うステージで、

PENTAGONがジノいってらっしゃいで号泣かました感動のあの回です。

全体的な国楽的な東洋のテイスト(太鼓とか、笛とか)と、

最後に向かって盛り上がる、オリンピックかな?っていう豪華なパフォーマンスで、

祭りに弱い筆者はイチコロでした。

ぜひまだ見ていない皆さんは、ここで一度動画を見てからお進みくださいませ。

番組後は、カムバしてたらパフォーマンスはチェックしつつ、アルバムで聴いたりとかはしないまま過ごしてたんですが、

「月下美人」に結構ハマって、ついに「ONEUSプレイリスト」なるタイトル曲を集めたものを作成、

そして、

この間の「Bring it on」で脳みそやられました。

「ウォノス」とy

もちろんMVもあるんですが、筆者がこのSpecialClip好きすぎてこればっかり見てるのでこちらを紹介してしまいます。

ONEUSの楽曲は、MAMAMOOの大ヒット曲達だけでなく、

CNBLUEのデビュー曲「ウェットリヤ」なんかも作曲している最強チームが作っているので、

洋楽らしいダンスミュージック感はありつつ、Kpop王道らしい華やかさも併せ持つキャッチーでかっこいい曲が多いと思っているのですが、こちらもその系統。

何が好きかっていうと、

サビでの特徴的なシンセ音からの、

チャッチャッっていうクラップで

一瞬ときが止まるような、ふっと緊張が解けるような瞬間がまず好きです。

めっちゃ煽ってからの、チャッチャ

そして、後半ONEUSらしい盛り上がりに次ぐ盛り上がりを受け、

本当に最後の最後にBTOBオタクである筆者の超個人的感動シーンがやってきます。

それが、

RAVNからのソホ

ラスサビ終わりに畳みかけるような勢いのあるダンスが続いているわけですが、

まぁ普通にかっこいいな程度でみていたところ。

なんと、

RAVN&ソホは長男コンビ!!

つまり、それは、クゴンタン(ん?)

すきまま読者の皆さん、メロディーの皆さん、

想像してください。

曲の最後、盛り上がり。

ミニョクからの、

ウングァン。

カレハジョウラデス

エモい。

令和始まってから結局正しい意味も使い方もわからないでいた「エモい」という単語は、

このなんともいえない気持ちのことを言うんでしょう。えぇそうに違いありません。エモい。

なんか本当にエモい。(語彙力とは)

左がRAVN、右がソホです

この事実に気づいてからというもの、

この曲がなんかすごい愛に溢れてる気がしてきて

なんか兄さんたちに守られてる気がしてきて

動画鬼リピした意味のわからない筆者です。一体ONEUSに何をみてるってんでしょう笑

そして最後、問題のこちら。(問題でもなんでもない)

コレハドウガデハアリマセン カレハ「ファヌン」クンデス

気になるファヌン君の靴の裏になんかついてるんじゃないか問題ですが、

0.25倍速にして確認したところ、靴の模様でしたことを一応ここでお知らせします。

本格的にドウデモイイ

さて、そんな感じで「Bring it on」を紹介したので、筆者のプレイリストに入ってるその他の楽曲もちらっと紹介します👍

さら〜っとみてみて、ぜひ聴いてみてくださいね👂

반박불가 (No diggity)

「ウォノス」と読みます

「Road to Kingdom」後のカムバ曲、「TO BE OR NOT TO BE」の最後と繋がっている曲。

最後が、最初です(は?)

これで終わって、

こうなります。

「Bring it on」と同じような勢いもありつつ、さらに強気な感じですね。

運転中にはついつい強気になるのでご注意を。笑

뿌셔 (BBUSYEO)

「ウォノス」と読んでください。

イントロから不思議な、声なんだか楽器なんだかな音で引きこんでからの

ぷっしょ

でキマったこちらの楽曲は「No diggity」の直前にデジタルシングルで先に出た曲です。

ガンガンくる強めの楽曲が苦手な方にはとても聴き易い曲かと思います。ところどころ可愛らしいアイドルって感じの曲。

個人的には、ダンス練習動画もおすすめ。

「ウォノス」です。

BLACK MIRROR

そろそろどうでしょう…「ウォノス」です。

直近の最新日本語シングルも出たらしい「BLACK MIRROR」。説明そのままお借りします笑

「BLACK MIRROR」は韓国での5枚目ミニアルバム「BINARY CODE」のタイトル曲で、発売直後にGenieリアルタイムチャート1位を獲得した話題の最新曲!そんなタイトル曲「BLACK MIRROR」待望のJapaneseバージョンをついにONEUSが電撃リリース!

「BLACK MIRROR – Japanese ver.- 」は、現代人の必需品であるテレビやスマートフォン、パソコンの中に閉じ込められた現実を例えて作った曲で、二分法的な現実の中から抜け出し、魔法のようなことが繰り広げられるもう一つの世界を発見した「ONEUS」の新しい姿もそのまま見せてくれる1曲。

つまりは、

マイケル・ジャクソン オマージュ曲です。

溢れ出るマイケル・ジャクソン感と、現代Kpopのバランスがとても好きです。

월하미인 (月下美人 : LUNA)

いい加減いいでしょう!「ウォノス」です。

筆者大好き国楽系コンセプト!

曲が良すぎて、本人達も驚きの地上波1位獲っちゃった曲です。

サビの中毒性のあるメロディーがたまりません。

これはビトビです。

ということで、ONEUS、いかがだったでしょうか!

ぜひぜひ聴いてみて欲しい!!!

今ちょうど日本活動やってるっぽくて、

同い年と年下の子に貢ぐわけには、ハイタッチして喜ぶわけにはいかないというわけのわからないプライドと戦っている筆者です。

今後知らぬ間に

『ONEUSきゅんのファンミ行ってきた‼︎かっこよすぎてキュン死♡』

とかいう記事がでても鼻で笑う程度にしてください。

ということで、ということなので、

ぜひ!聴いてみてくださいね!!!笑

では(^^)/

左から、RAVN、ファヌン、イド、シオン、ソホ、ゴニです。どうぞよろしく

↓↓ONEUS好きだよ!知ってるよ!聴いたよ!聴いてみるよ!って方!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。