【オー・マイビーナス】カン・ジュウンが教えてくれる、人生の大切なこと。(セリフ集)

韓流ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、ゆりです^ ^

 

韓流ドラマ、オー・マイ・ビーナスの主人公、

カン・ジュウン (シン・ミナ) のセリフから、

人生を楽しく前向きに進む言葉を集めてきました!

 

さすがは大邱ビーナス、カン・ジュウン

最高にかっこよくて、温かくて、愛のこもった言葉がたくさんありました💛

 

 

カン・ジュウンが教えてくれる、大切なこと。

 

 

まずは、このセリフから。

 

私はカン・ジュウンよ。

その気になれば何でもできるの。

 

 

 

まだできるから限界じゃありません。

信じればできる。

できると信じているから。

 

ドラマの中でよくカン・ジュウンが口にする言葉です。

自分を励ましながら、

目標に向かって一生懸命進んでいく姿が最高にかっこいいんです🤩

できると信じている限り、限界なんてないんですね!

 

 

かっこよく、自分らしく生きるということ

 

どんな職業でも

一生 幸せでいられて

自信が持てればいい

(10話より)

 

彼女にとって、重要なのは

「何をしているか」

ではなくて、

「それをしている自分が好きか、自信が持てるか」

なんです。

 

それってすごく大切なことだと思います。

自分を好きでいられること、幸せでいられること。

どんな仕事をしているとか、

地位がどうとか、

そんなことよりもっと大切なことを教えてくれる言葉です。

 

辛くなるとしても挑戦すること

それでも信じてみること

そして懸命に努力すること。

それが生きるということよね。

 

この世に確かなことなんてない

歩いてたら転ぶこともある

不幸せを案じて

幸せを諦める必要なんてないわ

(16話より)

 

この言葉を聞いたら、そんなの当たり前と思う人もいるかもしれないですね。

もちろん当たり前のことなんですけど、

それでも先が不安で、今の幸せを諦めてしまうことってあると思うんです。

そんなときにこの言葉があれば、

きっと勇気を出して踏み出せるはずです💪

 

怖がらずに、自分の人生を「生きていく」こと。

 

その大切さを教えてくれる言葉です。

 

大丈夫だと、

乗り越えられると

何でもできると信じるんです。

見返してやらなきゃ。

(7話より)

 

こちらは、カン・ジュウンが依頼者の母親に送った言葉。

 

強くなるためには、まず「信じる」ところから。

自分を信じて、

大切な人のために、守りたいもののために、

進んでいく力をくれる言葉です。

 

”愛するか” ”愛さないか” でしょ。
(7話より)

 

「世の中は単純でしょ、愛されるか、愛されないか。」

 

と言ったスジンに対して、ジュウンが返した言葉です。

カン・ジュウンのセリフの中で、とっても印象に残っているセリフのひとつです!

誰かに愛されるのを待ちながら、愛されない自分に苛立ったり、

愛してくれない誰かに腹を立てたり。

 

そんなことよりも、自分がまず「愛すること」

 

それが一番大切なのかもしれないですね。

 

 

大切な人へ贈る言葉。

 

”久しぶり”

当たり前の言葉が思いつかなかったなんて。

”美人になった”はともかく、

”久しぶり”は言わなきゃ。

久々に会ったのに。

 

あの子が変身して

私も変わったからって

一緒に笑った時間は消えないのに。

(2話より)

すっかり綺麗になったスジンに再会して、

友達じゃないと言われて苛立っていたカン・ジュウンが

ふと思い出したように口にしたセリフ。

 

当たり前のことを、当たり前に伝えられる。

とても大切だけど、とっても難しいことなんじゃないかなと思います。

でも、カン・ジュウンはそれに自分で気づいて、

反省できる、

強くて温かい心の持ち主でした💛

 

 

 

でも私は、簡単に諦めたりしない。

いつでも、どんな姿でもいい。

待ってるから、必ず戻ってきて

美しく、セクシーに絶対戻ってきて

 

覚えていて

耐えられてるなら限界じゃないと。

信じればできると。

治らないままでもいい

美しくなくても、セクシーじゃなくてもいい

だから戻ってきて。

 

ごめんなさい。

どれほど愛してるか、早く言えばよかった。

(13話より)

ドラマで一番重要なシーンの1つ。

この言葉は、ヨンホへの愛がたくさん詰まっていて、一緒に泣いてました。

誰かが待っててくれることって、

人が頑張れる一番の理由になるんじゃないかな、と思います。

 

自分の思いを言葉にして、

ちゃんと伝えること。

 

これもとても大事なのに、なかなかうまくできないことだと思います。

 

7話のセリフにもありましたが、

「愛すること」って、

 

ちゃんと思いを言葉にすることなんじゃないかな〜って思いました。

 

クリスマスの奇跡は

とても平凡で当たり前のことだけど

いつも私の隣にいる

あなたのことなのかもしれない。

(15話ナレーションより)

 

平凡で、いつもそばにある、当たり前のもの。

 

それが「奇跡」であることは、失ってから気づくことが多いと思います。

でも、まだそばにあるうちに、

その奇跡に気づいて、感謝すること。

毎日を大切に過ごすこと。

 

そんな大切なことを教えてくれる言葉です。

 

 

以上、カン・ジュウンのセリフをまとめました!

 

まとめるために、観直していたら、

前に観たときよりも素敵な言葉にたくさん出会えて、

もっとカン・ジュウンもキム・ヨンホも好きになれた気がします💛

 

この記事を読んでくださったあなたも、

ぜひカン・ジュウンに会いに行ってくださいね!💗

 

 

おまけ!

カン・ジュウンデーの過ごし方

 

カン・ジュウンによると、

カン・ジュウンデーとは、

 

人生に楽しみを増やして、余裕と甘みを味わう日。

 

だそうです。

そんな素敵な1日の過ごし方を、まとめました♬

 

今日は元気がでないな〜って日は、

ぜひ1日、カン・ジュウンデーで人生の甘みを味わってくださいね😍

 

① 死体ごっこ💀

 

② ロマンチックな映画で感動すること🎬

 

③ 昼寝 💤

 

④ 外食🍗

 

 

※この記事に掲載されている写真は全てYouTube,その他サイトから拾ってきたものです。

コメント