「ハベクの新婦」感想!イケメンを拝む人生にも、終わりはあるのか。




こんにちは、えりかです(-ω-)/

数日前に出したBTOBの記事が割とTwitterでフィーバーして、

https://sukimamalife.com/btob-member-ninkijundehanai/

すっかり上機嫌ですが、
次の記事を書くのが怖くなって震えているチキンです。

ですが、先日、ついに、ついに!
「ハベクの新婦」完走しました~。

最終話を見るまで、想像以上にダラダラしてしまいました。
あとは残すところハッピーエンドだけ!になって急に保留してしまうのは筆者の悪い癖です←

「ハベクの新婦」といえば、
神な顔面による神のドラマとでも言えばいいのでしょうか、
なんかもう色々神すぎて現実味ゼロでした。

人間界にやってきた神も神ですけど、
人間界で普通の生活を送る人間の顔も神ですよ。

とんでもない顔面だらけだと思ったら、
このドラマはもともとマンガ原作らしいです。

なるほど、そうなるとこのビジュアルクオリティも納得です。

そしてこのドラマ、何が見やすいって、
悪役がいません。

みんな神。みんな友達。みんないい人。

(これはVLiveの写真です)

そんなんで話がどう進むんだって話ですが、
それがこのドラマの見どころでもある、
「限りある命を生きること」
です。

神オブ神な感じで、もう超すごいやつとして生まれたハベクが、
人間界に落ちてきたとき、
神力も全部なくして、言葉のまますっぽんぽんのありがたい姿で来るんですね。

同じ神様系の「トッケビ」とは違って、
このイケメン、
全然何の役にも立たないんですよ。

でもそれは、ハベクが何かしてくれるとか戦うとか救うとか、
そういうことは全然重要じゃないからだと思うんです。

ドラマ自体は本当に本当にあるあるな感じで、
文句言ってたはずなのにいつの間にか恋をしてあれまぁどうしましょと進むんですが、

ハベク、絶対神の国に帰らないといけません。
ユン・ソア、いつか絶対死にます。

この避けられない「絶対」と、
止まらない「恋心」と、
2人がどうやって向き合っていくのかがカギなんです。

「いつかは終わることを知っている人間は、時に馬鹿げているとわかっている恋に踏み出す」といったのは、誰でしたっけ。

カギといえば、
ドラマの最重要人物、シン・フエ社長。

社長役のイム・ジュファンといえば、「ああ、私の幽霊さま」で
心が優しすぎるが故に悪霊に憑りつかれるというとても可哀そうな悪役のイメージが強いですが、

今回は、憑りつかれてないです。相変わらず、優しい人です。

この社長、「半神半人」という役どころ。

死ぬけど、死なない

そういう役です。
この人が、もうドラマのテーマそのものといってもいいかもしれません。
限りがあるようでなくて、ないようである、
不思議な役に注目です。

さてさて、良い感じにドラマのテーマがどうとか運命がどうとか言いましたが、
やはりこのドラマ、

目の保養。

美男美女による胸キュンパラダイスです。

ええ、「落ちてはいけない恋」とか「切ない宿命」とか、
もちろん必死に生きてますよ、主人公さん達は。

ですがやはり神と人間の恋がどうのとかこうのとかより、
このドラマで、我々には、胸を焦がさなきゃいけないシーンがたくさんあるのです。

そうです、
ナム・ジュヒョクです、

シン・セギョンです、

コンミョンです、

クリスタルです。

この美男美女のとまらない胸キュンシーンを拝んでこそ、
このドラマを見る意味があると、筆者は強く思います。

ちなみに、余談であり尚且つ超重要情報ですが、
ドラマを見る前に胸キュンクリップをYouTubeなどで見漁ってしまったという方、

全然楽しめます。

見てしまったシーンは、何度見ても結局胸キュンですし、
胸キュンまとめ動画だけではわからないドラマの重要シーン、セリフたくさんあります。
諦めずに見てみてください。

という感じで、「ハベクの新婦」を見終わったという記事でした。
ちなみに、今回はNetflixで観ました。
が、U-NEXTでも、TSUTAYA TVでも観られるそうです。お好きな方法でどうぞ。
無料トライアル実施中!<U-NEXT>
初回入会から30日間無料お試し! ←TSUTAYA
※違法サイトなどで字幕なしで見ると、「半神半人」のくだりが絶対に理解できないし
そこが結構心に響くシーンだったりするので字幕ありがオススメです。

では(^^)/

※記事上の写真は全てネットで拾ったものです。

↓↓良かったらいいね♡お願いします!!

0




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

すきままPICK

アーカイブ