【ラジオロマンス】チ・スホが諦めなかった家族の話。

韓流ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、えりかです(-ω-)/

 

先日、ずぅぅぅうっと見たかったラジオロマンス、完走しました!

 

素敵な人たちの、素敵な言葉が沢山詰まった、

温かいドラマでした!

今回はそんなドラマから、チ・スホとナム代表の家族の話

 

実子ではないチ・スホをまるで商品のように扱って、

幼いチ・スホに「実子じゃないんだから、迷惑かけないでね」

と、なんとも非情な言葉を投げつけました。

 

 

 

ラジオを始めて、チームのみんなと出会って、

初めてやりたいことを見つけて変わっていくチ・スホと、

なんとか自分の思い通りにしようとする母、ナム代表。

 

 

 

ぶつかりまくった二人ですが、そんな中でもずっと

 

「幸せな家族の姿」

「本当の家族の姿」

 

を探していたチ・スホがとてもかっこよかったです。

 

チ・スホが探した家族のかたちを、

素敵なセリフとともに振り返ります!ではスタート!

 

 

まずは、大切なヒロイン、ソン・グリムの言葉から。

彼女の言葉は素敵な言葉が盛りだくさんでしたね!

チ・スホのことをちゃんとわかってくれる、温かい言葉がいいですね。

 

f:id:alwayssmiler311:20190906161128j:plain

あなたも明るくて優しいわ

それに誰よりも母親を愛してる

その気持ちはお母様に伝わってるはずよ

あなたは

好きな人の前でだけ本当の顔を見せる

私は何度も見たわ

お母様に本気で訴える顔を

それはお母様も分かってる

(15話より)

 

チ・スホが母親と何度も何度もぶつかって、

何されても逆らい続けたのは、ソン・グリムと一緒にいたいとかそんな理由じゃなくて、

 

好きな人に自分のことをちゃんとわかってもらいたい

好きだからこそ、ちゃんと向き合いたい

 

っていう「本気」だったんですね。

それに気づいてくれるソン・グリム、さすがです。好きです。

 

 

次は、

チ・スホを救いたい一心で、違う方向に突っ走り

こいつサイコパスか?実は死んだ友達の家族だったパターンか?

と視聴者(私)を戸惑わせた親友、ジェイソン氏の言葉。

最終話で、自分の行動の誤解をといて、謝ってる場面。

 

f:id:alwayssmiler311:20190906161148j:plain

ナム代表はありのままのお前を知りたがってた

お前を理解しようと

(16話より)

 

すっかりチ・スホを監視して操ろうとしてたと思いきや、

ナム代表が報告させる本当の理由は、

実は本当の気持ちを、チ・スホを、理解したかったからでした

 

f:id:alwayssmiler311:20190906161214j:plain

今すぐ帰って報告して

あの子の今の状態や考えてることを

(15話より)

 

きつい性格もあるし、代表と所属タレントという立場もあってか、

本当の想いが伝わっていなかったんですね。

 

そんな母、ナム代表が

チ・スホの会見を受けて、

「なぜ僕を見捨てなかったのか?」

と質問された答えが、

 

f:id:alwayssmiler311:20190906161237j:plain

誕生日に言ったわね実の子じゃないと

幼いあなたを傷つけ

私も傷を負ったまま生きてきた

なのにあなたは

私を「母さん」と呼んだ

今もそうね

思い返してみると

私が冷たく当たり

いくら突き放しても

あなたは私のそばにいた

(16話より)

 

そうなんです。ソン・グリムに家族の実情を話したとき、

「僕は母親をナム代表と呼びます」

とか言っていた割に、

ナム代表と呼ぶことより、「母さん」と呼ぶ方が圧倒的に多かった気がします。ぶつかって喧嘩してるときも、「母さん」と呼んでました。

 

ダメダメな父親(思い出すだけで腹が立つ)の代わりに、

いつも変わらず自分の側にいて、自分を好きでいてくれるチ・スホ

実はお母さんにとっても、なくてはならない存在だったのかもしれないですね。

 

 

最後は、チ・スホの会見の言葉。

チ・スホがだした「家族」に対する答えみたいな気がして、

最後にもってきてみました。

 

f:id:alwayssmiler311:20190906161253j:plain

噂の通り僕は代表の実子ではありません

でも母は

僕を息子としてここまで育ててくれました

実の母親ではないけれど

僕をスターにするため頑張ってくれました

正直

実の母親の温かみは感じられませんでしたが

子どもと共に生きる人が母なら

ナム代表は間違いなく僕の母です

(15話より)

 

自分のせいで、家族が壊れてしまった

自分のせいで、ナム代表に辛い思いをさせてしまった

 

そんな葛藤の中でみつけたチ・スホなりの家族、母と子のかたち。

育ててくれたこと、側にいてくれたことに感謝する。

最後に、「ナム代表は間違いなく僕の母です」と言い切れるところに、

チ・スホの強さ優しさかっこよさも全部詰まっていて素敵でした!

 

最後この母と子が幸せになれて心底嬉しかったです♡

 

ということで今回は、ドラマ「ラジオロマンス」から、

セリフを通してチ・スホとナム代表の家族愛を探す記事でした!

 

では(^^)/

 

 

 

※記事内の画像は全てネットで拾ってきたもので、セリフの和訳は、U-NEXTを参考にしています。

コメント