【トッケビ】君がいるから面白い!愛すべきバカ、ユ・ドクファの魅力の話。

韓流ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、ゆりです^ ^

 

今回は、

ドラマ「トッケビ」から、

君がいるから面白い!愛すべきバカ、

ユ・ドクファ

の話。

 

注目を集めるのが大好きで、自分だけ知らないことがあるとすぐに怒り、

トッケビと死神が人間でないことを超すんなり受け入れてタメ口を聞き続ける、

THE 御曹司のドクファ君。

 

そんなユ・ドクファの魅力を語りたいと思います♫

 

 

 

ドラマにレギュラー登場する、数少ない「人間」のひとりですが、

自分の気持ちに正直で、

欲張りな「御曹司」というわけではないんです。

 

ほんとはとても優しい、正直すぎるバカといった感じでしょうか(笑)

 

ずっとカードをくれ!と騒ぎ続けていたと思いきや、

トッケビがカードを残して去ったと知った時には

 

カードなんかいらない!おじさん帰ってきて!!

 

と号泣するかわいさ。

 

そして、トッケビが大雨を降らせたり、花を咲かせたりするたびに、

文句を言いながらも一生懸命対応してくれる優しさもあり。

 

ウンタクのために社長が用意したカメラで自撮りを撮りまくったあげく、

「あと10分貸して」

とねだる姿もかわいすぎるし😍

 

トッケビだけじゃなく、「角部屋のおじさん」、死神や、

チ・ウンタクにも対等に接してくれる優しさ(というか何も考えていないのかもしれない)もあって。

 

あげればあげるほど、ばか正直でとても素敵な人でした💙

 

 

ドラマの中のコメディ担当かと思いきや、

時々神に乗っ取られて、ドラマの重要なシーンを作っていたのも驚きでした。

 

 

ドクファのときと、神に乗っ取られているときで、

声のトーンや目つきがガラッと変わるところがさすがでした✨

 

 

愛すべきユ・ドクファの、個人的に印象的だったいくつかのシーンがこちら。

 

12話で、祖父である会長が亡くなったとき、

まだ孝行もできてないと泣いていたドクファもすごく印象的でしたが、

そのあとすぐに仕事を始めて、

 

一から仕事を覚える

それがじいちゃんの望みだ

 

囲碁も覚える

それでおじさんの兄弟や父親や祖父になる

じいちゃんのように

 

とトッケビに告げていた姿が一番印象的でした。

こうやっておじいちゃんのような大人になってくんだな、と勝手に感心してました。

 

 

12話はドクファを乗っ取った神とトッケビ、死神が対面する重要な場面があった回ですが、

ドクファと産神がすれ違った時に

ドクファを知っている、といった産神のセリフがこちら。

 

知ってるわ。あなたはひたすら優しい子よ

世の中を照らす光

その心根が幸せをもたらす

忘れないでね

 

 

産神にとっては、ドクファも他と変わらないくらい大切な子どもですもんね。

 

「世の中を照らす光」

 

って素敵ですね❤️

 

他の4人と違って、前世が見えたり未来が見えたりそんなことではないですが、

誰かを幸せにできる力がある、素敵な人だったんですね😍

 

 

16話で、秘書から社長になったキム・ドヨンとベンチで言葉を交わすシーンも印象的でした。

 

キム社長に、

あなたはまだ自分の周りのことに興味がない

だから私は質問を待ってます。

大人としての質問です。

世の中について。

周りの人の喜びや悲しみについて。

 

と言われたドクファの返事は、

怒るわけでも拗ねるわけでもなく、

 

ありがとう

もう少し待ってて

頑張って成長するよ

 

というものでした。

これもまた、勝手にドクファが成長していく姿を見れたような気がして、

とても嬉しくなるシーンでした♫

 

 


 

以上、愛すべきバカ、ユ・ドクファの魅力の話でした💙

 

ドクファは、大切な人のために涙を流し、怒りながらもいろんな仕事をこなしてくれる、

優しさに溢れた本当に素敵な人でした^ ^

この優しさが、トッケビや死神をきっとどこかで支えてたんだろうな〜と思ったり。

 

 

ドクファを演じたユク・ソンジェの明るさも、バカさ加減もそのままで(あ、褒めてます)

ファンとしては見ていてとても楽しかったです(笑)

 

 

※記事内の写真はすべて、YouTube、他サイトから集めてきたものです。セリフの和訳はU-Nextを参考にさせていただいてます。

 

コメント