LOVE ALARM S2まで見たらはるかに深いドラマでした。




こんにちは、えりかです(-ω-)/

今回は、題名の通り、

LOVE ALARM~恋するアプリ~ シーズン2まで見たら深すぎるドラマでした

という感想記事です。

前回、NetflixでS2が配信開始になる、ということでずっと見てないフリをしていたS1の感想を書いたのですが、

記事内でも、シーズン2に期待!なくらいS1は途中で終わった気がする

なんて書いていたのですが、

2年近く待った甲斐がありました。

いえ、待ってこそだったかもしれません。

S2自体のストーリーが素晴らしかった、というより、S1S2を通しての物語の作り方が、今まで見たことない作りで、感動しました。

あ、ネタバレします。ご注意を。

相手のことが好きなら、アラームが鳴る世界、鳴らさなきゃいけない世界

こんな、ファンタジーのようで現実味溢れる、ありそうでない世界が設定のドラマ。

みんながピロンピロン鳴らし合ってキャーキャーワーワーやってる世界で、唯一誰のアラームも鳴らさないキム・ジョジョが主人公です。

なんでジョジョがアラームを鳴らさないのか、鳴らせないのか、その過程が描かれたのがS1。

S1では、高校生らしい甘酸っぱい青春と、過去と、アラームと、好きな気持ちとか、割とあるあるを詰め込んでいます。

ソノとジョジョ。

ジョジョが、ソノと出会い、恋をして、別れる、そんなあるある悲しいストーリー

普通だったら、最後の2話で、ソノが走ってきて、気持ちを伝え合って、誤解もとけて、ハッピーエンド☆彡

なはずですが、

なぜかこのドラマ、

最後の2話、ソノの親友、つまりは、第三番目であるはずのヘヨンが猛アタックです。

猛アタックして、ジョジョとくっついたかどうかは、はっきりさせずに終わります。

ヘヨンとジョジョ。

で、S2。

主役は、ジョジョ、そしてヘヨンです。

忘れちゃいけないのは、ソノは第三番目の男ではなかったということなんです。

間違いなく、S1のジョジョの相手は、ソノでした。

でもS2での相手は、間違いなく、ヘヨンでした。ソノがいなくなったわけじゃなく、ちゃんとそこにいるのに、ヘヨンでした。

じゃあ、なぜ、S1とS2で、ジョジョの好きになる相手が変わったのか。

これが、このドラマがシーズンを分けて、時間を空けて、伝えたかったことなんだと思います。

誰が好きかは、自分で決める。だから、誰にだって、選択権がある

傷ついたり、逃げてみたり、自分の気持ちと何度も何度も向き合っていく

その過程を、「恋愛」という形をとって丁寧に描き出しているドラマだったと思います。

相手を信じてみる、自分を信じてみる、

想像以上に勇気のいることなんだなぁとドラマを見ながら改めて思いました。

キム・ソヒョンちゃん目当てでS1を見終わったときは、

何だこのドラマは…??S2がなかったらぶっ☆〇▼。ー!!

って感じだったんですが、

S2を見て、

あぁ……めちゃくちゃ深いドラマだったぁ……良いドラマだったぁ………

ってなりました。

ぜひ一気見をオススメします。

若手のホープを使ったり、雰囲気がばりばりの少女漫画っぽい設定なので、ついつい軽~いメンドクサイ系の恋愛ドラマに見えてしますのですが、(S1はそう思っていたことを白状しますゴメンナサイ)

ずっとずっと深いドラマで、色々考えさせられるドラマでした。

あ、もちろん、キュンキュンシーンも満載でお届けしてますよ♡

キャスト紹介は、またゆっくり書こうと思います✌

ぜひ、見てみてくださいね~

では(^^)/

すっかり仲良し3人組より

↓LOVE ALARM観たよ!観るよ!って方♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です