すきまま9月のプレイリスト♬〜おすすめ15曲紹介〜




こんにちは、すきままです!

今月も今月とてあっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。。。

ブログを更新しようと決心すると、気づいたら月末です。

まあ人生なんてきっとそんなもんなんでしょう。

すきまま家は、今月も楽しく楽しくオタ活をして、

https://twitter.com/sukimamalife/status/1570401705644404740
https://twitter.com/sukimamalife/status/1570786367675985921

新しい音楽もたくさん聴いて幸せに過ごしてました!

てなわけで今月のプレイリストもスタート!!

ゆり

Rush Hour / Crush (Feat. j-hope)

1曲目は2022年8月11日に除隊して、やっと社会に帰ってきた(笑)Crushさんの新曲!

世界に強気で挑んでいく感じの歌詞に、

「Crush Hour」ともかけた、

帰ってきたぞーー!!

感が最高に楽しい1曲です♬♬

カムバしたばかりの時は、

へ〜クラッシュ新曲出したんか、てか除隊したんか、あ、フィーチャリングj-hopeか、j-hope最近忙しそうだな〜

くらいにしか正直思ってなかったんですが、

公開されたIUのYouTubeチャンネルにCrushが出演している回を見たら、

ノリノリなIUもかわいいし、なんかすごく楽しくてかっこいい曲であることに気づいてしまい、

そこから急ピッチでハマった一曲です(笑)

hands up!

この動画の中でCrushがIUの「lullaby」をカバーしたバージョンもとても素敵なので、

まだ見てない方はぜひ♬

Better / MAMAMOO+ (feat. BIG Naughty)

MAMAMOOのオンニライン2人で、新曲です👭

もうね、とにかくMVが可愛すぎる。

これにつきます。

MVのティーザーが出た時は、Big Naughtyを車の後ろに乗せてたので、

ムンビョルとソラでBig Naughtyを取り合う的な、「You’re the Best」のMVみたいな雰囲気にするのかな〜と思ったら、

ただただムンビョルとソラが楽しんでて、

Big Naughtyをお姉さんたちが可愛がるだけ

というなんとも暖かく素敵なMVになってます(笑)

「あなたと一緒にいれば全部大丈夫」って歌詞がすごく素敵で、ソラとムンビョルの関係にもぴったりだな〜と思います❤️💙

あ、そういえば、

MAMAMOO、完全体で10月にカムバックしますよ!!!

来月がとっても楽しみですねん❤️

I Can’t Help It / キム・ナヨン

3曲目は、バラード大先生、キム・ナヨン先生の新曲。

2週間前にキムナヨン先生のKilling Voiceを見てたんですが、

相変わらず素敵なハスキーボイスだな〜と思ってたら、

いつも音源を聞くだけでは気づけなかった

この人の圧倒的歌唱力に心をやられてしまいました。。。

画像だけできっと伝わる歌唱力

完全にビヨンセですこれは。

凄すぎる歌唱力に圧倒されたまま聴きにいった新曲ですが、

MVの主演は「ブラームスは好きですか?」「ヴィンチェンツォ」「その年、私たちは」のキム・ソンチョル

ちなみに相手役の女優さんは、「今私たちの学校は」にも出演していたハ・スンリさん。

キム・ソンチョルさんはですよ、最近結構気になってチェックしてる俳優さんだし、

何てったって彼はJukjaeの大ファンですから(だからどうした)、こんなところでお会いできて嬉しい限りです。

相変わらず寂しいバラード曲ですが、ぜひ聴いてみてください💛

Stop! / J.UNA

4曲目は、最近初めて知ったアーティスト、J.UNAの曲を。

1996年生まれのシンガーソングライターですが、最近は「わかっていても」「ユミの細胞たち」のOSTにも参加している新星歌手です♬

いつもよく行く近所の韓国料理屋さんで流れていて、

なんかこういう絶妙に楽しくて、心が軽くなる雰囲気がすごくいいな〜と思い、その場でダウンロードしました💿

洋楽チックなポップなサウンドが魅力的な曲です❤️

Villain / 少女時代

作曲ティファニー、作詞スヨンという、

メンバーが作詞作曲を担当した収録曲です!!!

めちゃくちゃかっこいい。

“全てを奪われても自分の主導権だけは絶対に奪われない”という強気なメッセージを込めたそうで、

スヨンは映画「クルエラ」を見て、映画のクルエラの姿が少女時代みたいだ、と感じて歌詞を書いたそう。

クルエラが変わっていく姿に少女時代を感じたらしい

歌詞もかっこいいし、サウンドもかっこいいし、

本当にこんなかっこいい曲の作詞作曲がメンバーの2人というのが信じられないくらいお気に入りの1曲です!

朝仕事に行く時に、強気になれる曲です!大音量で聴いてくださいね🎧

えりか

SURRENDER / チャンソプ

一曲目は!アルバムでるよって記事を書いたまま、でたよ!って記事を書けていない我らがチャンソプの「SURRENDER」。

おしゃれです。

この曲については、映画「大脱走」を見てからじゃないとコメントできないと決めつけいる筆者ですが、

ジャケットがまんま映画のやつ

「At The End」「Gone」と続いたチャンソプ十八番ロックバラードを抜け出す新たなかっこいいイケおじチャンソプの曲です。

Ginger / TOMOO

続いては突然運命的な出会いをしたTOMOO(ともお)さんの「Ginger」という楽曲。

「女性が歌ってみた」みたいなカバーで数年前に個人的な一世を風靡した「kobasolo」さんのYouTubeチャンネル久しぶりに覗いたら、

kobasoloさんがプロデュースしているらしく、サムネの女の子が可愛かったので押したんですよ。

そしたら、

この可愛い女の子が

ハスキーなかっこいい低めの声で、めちゃくちゃポップにピアノかき鳴らして、曲はもうそれはそれはノリ良い素敵な楽曲なんですよ。

ハマります。

ぜひ聴いてみて!

Same Scent / ONEUS

5月にカムバしていたはずのONEUS君たちが、なんとまたしてもカムバックです。

今回は、強めEDMというより、線の細い美しいダンス曲です。

なんと地上波で1位とったみたい!おめでとうございます👏

I Don’t Think That I Like Her / チャーリー・プース

世界のBTSのマンネ、ジョングクとのコラボ曲「Left And Right」で話題になったかもしれないチャーリー・プースの新アルバムから!

本当に心地よいポップスです。

なんなんでしょうね。羨ましすぎて苛立ってきました。笑

透き通るような優しめの声から、ちょっとザラっとした力強い声まで、最強です。

1,000 TAKES / 竹渕慶

最後は、元Goose Houseのメンバーで、自分の3つ上姉に似ていると筆者の中で長年噂される竹渕慶(たけぶち けい)さんの楽曲!

これ多分、ジャケ写とか、MVの雰囲気からして、流行りの「The First Take」と対照的な意味での「1,000 Takes」で、

確かに一発録りってライブな感じもあるし、みんな歌上手なんだなぁ!さすが私の推し!!みたいな雰囲気もあるけれど、

実際、プロの歌手の人って、一つのフレーズだけで何十回とか撮り直したりしていて

(ちなみに我らがBTOBは歌にうるさい奴らが揃っているのでレコーディングが鬼時間かかるらしい)

努力とか汗とか涙とか、血までは滲んで欲しくないけど笑、そういうものの結晶が歌となってステージとなって私たちに届いてるんだよって。

そういうめちゃくちゃいい曲なんですよ。

で、もともとは竹渕慶さんのソロ楽曲なんですが、YouTubeのMVでは超超豪華ゲストでフィーチャリングしてるわけです。

しらスタさんとか虹色侍のZumAさんとか、登録者数100万人越えの方から、元Goose Houseのチームメンバーもそうだし、平井堅さんのモノマネでTVとかにもでてた松浦航大さんとか…

つまり何がいいたいかって、

もっと聴かれてもいいんじゃないかってことですよ。

ぜひ!聴いてください!

そして!!来月は!!

FlipHighもカムバですよ!!!

この格好でアイドゥル様のライブ行っちゃいましたすみませんでした

N

ペンタゴンとアイドゥルのライブのための予習復習に勤しんだため、

新曲はほとんど聴いておりません😇

Nirvana Girl (feat. Yeeun) / SORN

元CLCのソーンが新曲!

と思ったら、元CLCのイェウンとスンヨンも引き連れてきた!!

最高!!

曲は、ソーンがメイン、

イェウンがラップ、

スンヨンはなんとMVのダンス振り付けで参加っぽいです。

音源にはいないですが、MVにはちらっとでできます💕

曲は、アイドルとして、コンセプトとかも含めて「操り人形」だった自分から抜け出すような感じでしょうか…

黒髪前髪重めなソーンが、なんか…!懐かしい…!ってなります笑

カワイイ

ここからの金髪ソーンがかっこよくてキュンキュンです💓

SMARTPHONE / YENA

何きっかけで聴くようになったのか、ぶっちゃけ全く覚えてないですが、

何もかもがカワイイので聴いてます。

現場からは以上です。

POP/STARS (ft Madison Beer, (G)I-DLE, Jaira Burns) / K/DA

スラッシュだらけになってしまったw

K/DAというアーティストのPOP/STARSって曲です。

この曲実は全然知らなくて、アイドゥルのライブ前に、

聴き逃してる曲があったら嫌だなと思って、Apple Musicの「初めての(G)I-DLE」をとりあえず聴いていたところ、

あれ?知らない曲だぞ?

でもめっちゃ良さそうだぞ?

となった曲です。

案の定、ライブでも披露してくれました✨

K/DAっていう海外アーティストかな〜フィーチャリングの人数多いからDJとかかな〜

ソヨン・ミヨン以外の声あんまりわかんないな〜

と思ってたら、なんか色々間違ってました。

PCオンラインゲームの『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド、以下LoL)』で名が知られているゲーム会社Riot Games(ライアットゲームズ)が、同ゲーム内のキャラクターをベースにした仮想のK-POPアイドルグループ「K/DA(ケーディーエー)」を誕生させたのだ。

K/DAは『LoL』で有料販売される“スキン”のローンチと共に作られた仮想のアイドルグループだ。スキンとは、キャラクターの外見がアレンジできるゲーム内の商品のこと。K/DAのメンバーであるAHRI(アーリ)、AKALI(アカリ)、EVELYNN(イブリン)、KAI’SA(カイ=サ)はいずれもLoL内に以前から存在していたキャラクターで、アイドルとして活動する新スキンの世界観は、オリジナルゲームの個性をベースにしながらもまた別のものとなっている。

ちなみに、その歌とダンスを裏で提供したのは4人の現役歌手だ。6人組のK-POPガールズグループ・(G)I-DLEのメンバーであるミヨンとソヨン、そしてアメリカのシンガーであるマディソン・ビアー、ジャイラ・バーンズが、それぞれアーリ、アカリ、イブリン、カイ=サのパートを担当した。

引用元(仮想アイドルグループ・K/DAとは? 『League of Legends』から誕生した新たなK-POPの形)

なるほど…

MVがバーチャル空間な理由がやっとわかりました。。

世界中でブームを起こしている「PCゲーム」と「K-POP」のコラボ、というイメージでしょうか。

MVの再生回数がまさかの5.2億回なので、このコラボは大成功ということになりそうです。

(そして曲も妙にリピートしたくなる中毒性のある曲です)

原曲は、アイドゥルからは、ソヨン・ミヨンだけの参加ですが、

これの(G)I-DLEバージョンというのが、随分前から存在しておりました。

(このオンラインライブ見たはずなのにな……反省

ということで、

総括して、とても良い曲なのでぜひ聴いてって話です。(長々と失礼しました)

HANN (Alone in winter) / (G)I-DLE

これもライブで、

HANN(Alone)の前にやってくれた曲。

個人的に、HANN(Alone in winter)からのHANN(Alone)の流れが大好きです…❄️

これが別のアルバムに収録されてるってのがまた最高ですよね。。

おそるべしソヨンプロデューサー…

久しぶりに聴いて、やっぱ好きだ〜〜!

ってなってリピートしております。

Don’t / PENTAGON

9月14日発売のJAPAN 5th Mini Album 『Feelin’ Like』から

日本オリジナル曲!

キノちゃんの書き下ろし!

最近、いや昔からかもですが、ペンタゴンの日本アルバムのオリジナル曲、

メンバー書き下ろしで固定されてきましたね…??

日本語曲をメンバーが書くと、『HAPPINESS』的な感じで、

あ、あとで韓国語verがでるのね…ってなるんですが、

なんかそんなこともなさそうですね…🤔

曲調がめちゃくちゃJpop!!って感じで日本人好みなんではないかと!思っております。

ライブが最高すぎて幸!!って話はまた改めて…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です